Side by Side のRCF1情報

OlderF,采ブランド,クロス,TRGのRCF1情報を発信します。

trg180

TRGのF1ボディ3種ですが、ライトウェイトシリーズとしてリニューアルします。
従来の0.8mm厚から25%軽量化となる0.6mm厚ポリカを採用しました。
F1ボディに求められる剛性強度を確保しつつ、運動性能を向上し軽快なフットワークを実現する軽量タイプになります。(*従来品(0.8mm厚)は3種とも販売終了となります。)
3種とも近日発売です。詳細はこちら

SW-0N (TRG3001L#)
sw0n

91M (TRG3004L#)
91m

92M (TRG3005L#)
92m


GCシリーズも諸般の事情により仕様変更となります。
こちらは0.8mm厚ポリカで変更はありませんが、
仕様変更により従来品(TRG3100B#,TRG3101B#)に付属していましたワイドリアウイングとフロントバンパー&ボディマウントが付属しません。(*従来品は2種とも販売終了となります。)

ロイスRM1 (TRG3100C#)
roycerm1-00

MCSⅣ (TRG3101C#)
MCS-Ⅳ 7

今年2022年からF1のホイールが長年の13インチから18インチへ替わります。
以前ご案内した采ブランドの開発中ラバータイヤ&ホイール、まもなくテストとのことです。
新構造、性能、デザインと色々楽しみです。ご期待下さい!!
20220111_155724c
采 開発情報etcは、こちら

シンプルなシャーシ構成で、いじる所がほとんどない OF-01 ですが、メカプレートをフローティングしている前後2ヶ所のM3ゴムブッシュナットのへたりが以外に走りに影響します。
走りが変わったと感じた時など、まずM3ゴムブッシュナットをチェックをお勧めします。

この点に関して、マルよトレイルさんで詳しく検証していただいています。
是非、ご参照ください。こちら
6702b17d0bff032f34ff599884cf768f

↑このページのトップヘ